ホーム » 健康 » インフルエンザ » インフルエンザでお腹が痛くなることがある?ウイルス性胃腸炎との違いは?

インフルエンザでお腹が痛くなることがある?ウイルス性胃腸炎との違いは?

読了までの目安時間:約 4分

インフルエンザの症状で、
お腹が痛くなる
という症状はよくあることなのでしょうか?


スポンサードリンク


子供の頃、
風邪で熱を出すと
ほぼもれなく、吐き気も付いてきたのですが


これは胃腸症状というよりも
頭痛やめまいなどの中枢神経の症状によるものだった
ように思います。


ですが、インフルエンザに罹って
熱が出て、お腹も痛い、
という症状になる人がいるんですね。


インフルエンザでお腹が痛くなることがある?


インフルエンザにはいくつかの型があります。
その中で、インフルエンザB型の症状は


胃腸の風邪といわれる、ウイルス性胃腸炎に
よく似ている、と言われています。


インフルエンザA型よりも
腹痛、吐き気、嘔吐などの胃腸症状が出ることが多いそうです。


ウイルス性胃腸炎との違いは?


ウイルス性胃腸炎とインフルエンザによる腹痛の違いは?


ウイルス性胃腸炎の原因となるウイルスは
ノロ、ロタなどで、
当然インフルエンザウイルスとは別物です。


ウイルス性胃腸炎の主な症状は

  • 腹痛

  • 吐き気、嘔吐

  • 下痢

  • 腹部痙攣


などで、特にロタウイルスの場合、高熱が出ることもあるので、
インフルエンザの流行時期に重なると、
どっちなの?と分からなくなってしまいます。


もちろん、
発症後24時間以上たってから病院で検査を受ければ
インフルエンザ陽性、陰性は分かりますので
診断は病院で、ということになりますが。


症状の上でも違いは、
ウイルス性胃腸炎の場合、
39度近高熱と同時に関節炎が出ることはあまりないので、
高熱と関節炎の症状が出た後に胃腸の症状もある、
ということであれば、
インフルエンザなのかもしれません。


逆に、高熱がでないインフルエンザ、というのはあります。


自分以外の家族全員がインフルエンザで
自分も37℃ちょっとの微熱がある、と言う人が
病院で検査したらインフルエンザ陽性だった、ということが
あったそうです。


インフルエンザで熱が出ないのは、
予防接種で症状が軽くなっている、ということもありますね。


また、本当に同じ時期に
インフルエンザと胃腸炎の原因となるウイルスに
同時感染することもあるそうです。
これはかなり辛そうですね・・・


スポンサードリンク



インフルエンザでお腹がいたくなる?のまとめ


インフルエンザB型の場合、
ウイルス性胃腸炎に似た症状が出ることがあります。

ノロやロタが原因のウイルス性胃腸炎も
インフルエンザも、周りに移す可能性のある病気ですので、
診断を受けて、


胃腸炎なら吐瀉物、排泄物からの感染、
インフルエンザは咳などの飛沫による感染、


の対策を取る必要がありますね。


スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事

まだデータがありません。

Categories