ホーム » 生活 » ミュゼプラチナム経営不振・任意整理からどうなった?

ミュゼプラチナム経営不振・任意整理からどうなった?

読了までの目安時間:約 7分

最近、友達がミュゼプラチナムの
無料カウンセリングに行った、
という話を聞いて、


そういえば1年くらい前にミュゼプラチナムは
実質経営破綻、というニュースがあったけれど
あれからどうなったんだっけ?
と思い、


調べました。


スポンサードリンク



ミュゼプラチナムの経営悪化


2016年10月6日、
当時、ミュゼプラチナムを経営していた
ジンコーポレーションは


債務の返済が滞り、
債権者である銀行(主取引銀行は茨城の常陽銀行)と
任意整理の協議をしていることが
発表されました。


借金の返済ができなくなった原因は、
2010年8月下旬から9月にかけて
解約件数が増えたため。


脱毛サロンでは、コースで申し込むことがほとんどなので、
一度に10万、20万円、という売り上げがたちますが、
解約されるとユーザーに返さなければなりません。


こうしたコース代金の前払いは、
普通、会計上は「前受金」として処理されます。


現金 100,000 前受金 100,000


そして、お客さんが、コースを消化したら
(都度なのか、すべての回数、期間を終了したら、なのかはわかりませんが、
仮に、すべてを回数を消化したらとすると)

前受金 100,000 売上 100,000



という仕訳で、初めて売り上げが立ちます。


ですが、ジンコーポレーションでは、
コース契約をした時点で、
売上として処理し、運転資金としており、


解約されると、バランスシートがマイナスとなって
運転資金がショートした、ということのようです。


では、なぜ解約がそんなに増えたのか、というと、


2014年の冬以降、
スタッフ不足などで予約をさばけないのにも
関わらず、タレントのトリンドル玲奈さんを起用した広告を出し
続けて、新規のユーザーを取っていたため、


予約ができない

といった苦情が相次ぎ、


予約・施術が実質できないのなら解約しよう
という流れになっていたようです。


・・・というか、
私が無料カウンセリングで来店した
2013年4月時点で、もう「ミュゼは予約が取れない」
という評判が立っていましたけれどね。



そして、カウンセリングをしてくれた
スタッフにも「予約が取りづらいです」とは
言われました。


私は結局ミュゼでは契約しなかったのですが、
エステでの光脱毛は、
2~3か月ごとの毛周期に合わせて施術して


2、3年かかるといわれています。


ミュゼは確かに当時から一番低価格でしたが、
予約が取れず施術できないのでは、意味がないので、
解約して、他のサロンに乗り換えよう、と考えるのも
無理はありません。


任意整理とは?


任意整理とは
裁判所を通さずに、
債権者と債務者の間に弁護士が代理人として入って


債務の返済方法や、減額、利息の低減などについて
和解の交渉をすることを言います。


裁判所を通さないため、任意、ということになります。


任意整理は、法的な資格の制限には及ばないので、
経営破綻とはなりません。


ニュースが出た当時は、


ミュゼについて実質経営破綻としている
ニュースサイトなども多かったですけれどね。


経営会社は変わったの?


2015年12月10日、
ジンコーポレーションは、
新会社である株式会社ミュゼプラチナムに美容脱毛事業等を譲渡し、


2016年1月4日、株式交換により、株式会社ミュゼプラチナムは、
株式会社RVHの完全子会社となりました。


ジンコーポレーションの発表では、
株式会社RVHによるスポンサー支援を受ける、
という表現になっています。


株式交換による完全子会社化とは?

株式交換とは、ある会社=A社が、
別の会社=B社の発行済み株式を
すべて取得することによって
子会社にすること。


B社のもともとの株主に対しては、お金ではなく、
A社が新株を発行し、それとB社の株式を交換します。


親会社となるB社にとっては
現金を出さなくても株式発行のみで
子会社化することができる、という方法です。


任意整理発表後の混乱は?


10月6日に任意整理に入ることが発表されてから
12月17日に、経営者がが変わることが決定するまでの
2ヵ月間、


ミュゼで契約していたユーザーの
さらなる解約が重なり、
経営が本当に立ち行かなくなるのでは?


という懸念もありましたが、
そこまでの事態には泣かなかったようですね。


ところで、ジンコーポレーションの子会社には
ミュゼトラベル、という旅行会社がありましたが、


2015年11月30日(月)から
新規のご旅行申込・ご予約の受付を終了し、
事業から撤退しました。


当時、定期的に札幌に行く用事があり、
ミュゼトラベルの際ともよく見ていたので
(でも、一見安いのですが、飛行機の時短による差額が大きすぎて
結局高くなってしまうため、一度も利用したことがありません。)



スポンサードリンク


現在のミュゼプラチナムは?


冒頭に、友達がカウンセリングに行った、
と書きましたが、


現在は、高速マシンを導入したり、
スタッフを増やすなどして、
予約が全然取れない、ということがないように
しているようです。


店舗数は任意整理の発表時で190店舗、
現在、186店舗なのでほとんど変わっていません。


また、私がカウンセリングに行ったときには、
ワキとVライン500円というコースが、
目玉商品だったのですが、


カウンセリングでは、「脱毛には2年以上かかるので、
気になるところは同時に始めた方がいい」
とけっこう、強力に、他箇所の脱毛を勧められ、


見積もりは9万円台くらいでした。


断っても露骨にイヤな顔はされませんでしたが。


今は、そこまで強く勧めることもないらしいです。


(まあ、私が行った中では一番グイグイしていたのは
TBCでしたが)


スポンサードリンク


 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事

まだデータがありません。

Categories